施設形態紹介

施設形態紹介!特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは、介護施設保険3施設の一つで、介護が必要な高齢者の施設として最も人気が高い施設です。 現在(2015年時点)で全国7800箇所の特別養護老人ホームがあります。 主に社会福祉法人が運営をしています。人気の理由は、開設資金の1/3が税金を財源とした補助金で賄われるため、費用が月10-15万円程度と大変安いためです。 要介護3以上の方が多く、重度対応も可能です。 現状、40万人以上の方が待機をしており、大都市部では2-3年待ちが当たり前となっています。介護保険法では、介護老人福祉施設という名称になっています。

**介護保険3施設とは?**
介護保険3施設は、以下の3種類の施設を指します。 ①介護老人福祉施設(特養) ②介護老人保健施設(老健) ③介護療養型医療施設(療養型) 特別養護老人ホーム以外の施設も簡単に説明をしておきます。 介護老人保健施設(老健)は、医療機関に入院した後、在宅復帰までの間にリハビリと療養を行う中間施設です。 在宅復帰が目的の施設ですので、3-6ヶ月の入居期間が一般的ですが、自宅での介護力が不足している方の場合、1年を超えての入居になっている場合もありまあす。 介護療養型医療施設(療養型)は、治療が終わっているが、胃ろうなどの医療措置が必要な方が長期療養をする介護施設です。 医師や看護師の体制も充実しており、介護施設より病院に近い雰囲気です。 ただ、病院色が濃く、生活の質という点においてあまり充実していない施設が多いようです。

特別養護老人ホームの1日 特別養護老人ホームでは、入居者の方は次のような生活をしています。

day-tokuyou.gif

特別養護老人ホームは、施設介護の基本と言える事業所です。このため、求職者からも人気のある職場です。 ただ、重度の方が多いため介護側の負担も多く、夜勤もあるためか、人材不足になりつつあります。 セントスタッフには、多くの特別養護老人ホーム様から求人が集まっており、派遣、紹介、紹介予定派遣というかたちで職場のご紹介が可能です。 特別養護老人ホームでは、高齢者の方の生活全般の支援を行いますので、介護の基本が身に付きます。 介護士としてのキャリアを選択される場合は、是非とも特別養護老人ホームでのお仕事を経験されることをおすすめいたします。

関連記事はこちら
施設形態紹介

施設形態紹介!有料老人ホームとは?

2018年11月30日
看護の求人あるある
有料老人ホームとは? 有料老人ホームは、特別養護老人ホームに代わる介護施設として、ここ近年で開設数が急激に増えてきました。開設資金の1/3が税金を財源とした補助金で賄われる特別養 …